【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編-

【有酸素運動の意外な話】 有酸素運動でストレス解消

有酸素運動には様々な健康や美容の効果がありますが、ストレス解消効果も期待できます。

有酸素運動をすると、単純で繰り返しの動作を行う間はその動きに集中して、他の一切の事を考えずに没頭することができます。有酸素運動をしている間は、日々の不安や悩みは頭から消えてしまうので、ストレス解消になります。
また、運動をすることで体が温まるのは、体にも心にもよいことです。
体が温まると、筋肉が弛緩して、心も穏やかで明るくなります。入浴がいい例です。

逆に、有酸素運動をすると、血流がよくなって心拍数があがり体温が上昇しますが、運動が終わると、血流が穏やかになって心拍数も下がり体温は戻ります。
この変化によって、体がリラックスを感じます。
体がリラックスすると、精神的にもリラックスできるようになります。
気分的に、精神的にリラックスしようと試みてもうまくいかない場合でも、体の反応とともに心もリラックスできるので、ストレスがたまっている時には有酸素運動で発散させるのがオススメです。
有酸素運動によって脳内ホルモンのバランスを整えることができるので、自律神経失調症、神経症、軽いうつ、ストレスによる不眠症にも効果があります。

他にも、有酸素運動は脳内麻薬を分泌し、ストレスを解消してくれます。
マラソンをしていて起こるランナーズハイはや、登山をしていて起こるクライマーズハイがよい例です。
マラソンで苦しいはずなのに、気持ちよくなってくるというものです。
これは、有酸素運動をしてしばらくたつと視床下部や下垂体などから、脳内麻薬の一種であるベータ・エンドルフィンがぷんぴつされ、快感を感じる状態です。
体が苦しさを感じると、ベータ・エンドルフィンが分泌されて、苦しみを和らげようとします。
ベータ・エンドルフィンはモルヒネの6.5倍もの鎮痛効果があると言われています。

有酸素運動は体の健康や美容だけでなく、心にもよいといえます。
時々休養をとりながら、疲れない程度に続けましょう。




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2013 【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編- All Rights Reserved.