【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編-

【いろいろな有酸素運動】 水泳のコツ

水泳は、誰にでも有酸素運動としてオススメできるわけではありません。
プールのあるところへ通わないといけないので、いつでもできるわけではないのが欠点です。
それから、水泳の苦手な方は、泳ぐだけで精一杯で息つぎが不得手で呼吸がうまくできなかったり、息が続かなかったりするので、無酸素運動になってしまいがちです。
また、脂肪を燃焼させるためには有酸素運動で20分以上続けることが必要ですが、そもそも20分以上泳ぎ続けることができる程度泳げないといけないので、すべての方にできる有酸素運動ではありません。

しかし、水泳が得意な方にはとてもよい有酸素運動になります。
なぜなら、水泳は怪我をする危険が少なく、浮力のために足腰などの下半身への負担や、関節の負担を和らげてくれるからです。足腰を痛めている方にも向いています。
水泳は、水中ならではの効果があります。水温で冷えがちな体を温めようとすることと水圧のため心臓の一拍で押し出す血液量が増加することで脈が上がるので、消費カロリーも高くなり効率がよいと言えます。
水泳選手は、肩や腕などの上半身の筋肉が非常に発達しているので、上半身の筋肉ばかり使うように思えますが、実際は腹筋や下半身などの全身の筋肉を使って泳いでいるので、全身運動としても大変有効なのです。

水泳があまりできない人でも、浮力や水圧などの力を利用する方法として、水中歩行や水中エアロビクス(アクアビクス)といったものがあります。
水中で歩いたり動いたりするのは、陸上で行うよりもはるかに抵抗がかかり、運動強度が高くなります。
ジムなどでも教室があったり、開放されているプールの一部のコースを歩行用にしてある施設もありますので、まずは水中歩行からトライしてみるのもよいでしょう。




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2013 【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編- All Rights Reserved.