【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編-

【効果的な有酸素運動の方法】 おすすめの時間帯

有酸素運動をより効果的にするためには、タイミングを考えましょう。

有酸素運動をするときには、糖質が必須です。
有酸素運動を開始してすぐは糖質を使ってエネルギーを作り、20分くらい経過すると体脂肪を使ってエネルギーを使うようになりますが、体脂肪を使う時にも糖質はずっと使われ続けます。
糖質がなくなると、体脂肪を燃やすこともできなくなるので、体を動かすことができません。
血糖値が少ない状態で有酸素運動をすると、すぐに体脂肪を使うようになります。
体脂肪を燃焼させるため分解する際に遊離脂肪酸ができます。
これは心臓の筋肉のエネルギー源ですが、増えすぎると心臓への負担が大きくなって心不全などの原因となりますし、遊離脂肪酸の濃度が高い方は心臓突然死が多いと言われています。心臓疾患を持っている方は特に危険です。
心臓への負担をかけないためには、エネルギー源は少しずつ体脂肪を使うようにする必要があり、血糖値が少ない状態でいきなり体脂肪を使ってはいけないのです。
ほかに、血糖値が少ない状態では肝臓のグリコーゲンをエネルギーにするのですが、この時に筋肉のたんぱく質もアミノ酸に分解されて利用されてしまうので、筋肉を減らしてしまうことになります。これは、いざという時のための体の働きで、本来あってはならないことです。
筋肉が減ってしまうと基礎代謝量も減るので、ダイエットや健康維持のためにもよくありません。
また、糖質は脳の栄養でもあるので、糖質が足りないと集中力や判断力の低下を引き起こし、意識がもうろうとして事故につながりますので、運動をすることは大変危険です。

これらのことから、有酸素運動をしないほうがいいタイミングを挙げます。
起床後すぐ:
起床後すぐは、血糖値が低いので有酸素運動をするのに向いていません。朝食をとってからにしましょう。  空腹時:
空腹時は、血糖値が低いので有酸素運動をするのに向いていません。運動後の過食にもつながりますので、やめましょう。 食事後すぐ:
食事後すぐに運動すると、血液が消化しようとして消化器官に集まっているのを妨げるので、消化器官に負担がかかり、消化不良になってしまいます。消化し切れていない間に運動するのは、食事前同様に血糖値も上がりきっていません。

有酸素運動をするのに一番向いているのは、食後2時間以上経過してからです。
少なくとも1時間以上経過していれば、消化もある程度すんで血糖値も上がってきます。
できれば、2時間程度前に炭水化物をとっておくと、うまく血糖値を上げて体脂肪を燃やしやすくなります。
特にダイエットが目的の場合は、食事の前後ではなく、間に有酸素運動をするようにしましょう。




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2013 【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編- All Rights Reserved.