【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編-

【有酸素運動とは】 有酸素運動のエネルギー源

有酸素運動は、糖質や脂肪を燃焼してエネルギーを産生する運動です。
時間の経過とともに糖質と脂肪の利用比率は変わっていきますが、有酸素運動にはどちらも必要で、特に糖質がないとエネルギー産生はできません。

有酸素運動を始めて約10分ほどは、主に糖質が使われます。
はじめは酸素が足りないので酸素をあまり使わないため、無酸素運動に似たエネルギー産生を行います。
酸素が足りてくると、糖質と酸素を使い、乳酸を作らないようなエネルギー産生を行います。
糖質は酸素とともに燃焼すると、より効率的なエネルギー産生ができるようになります。
糖質は効率よいエネルギー産生をすることができますが、糖質ばかりをつかっていると血糖値が下がり生命維持が危ぶまれるので、徐々に脂肪の利用へと切り替わっていきます。

有酸素運動を始めて約10分以降から、血液中の脂肪の利用量が増えていきます。
だんだん糖質の利用量よりも脂肪の方が多くなっていきます。
しかし、糖質は完全に使われなくなるのではなく、ずっと使われます。
糖質がなくなると脂肪を燃やすこともできなくなりますので、糖質は有酸素運動には欠かせないものです。
脂肪を燃やすには糖質を燃やすより多くの酸素が必要になります。

有酸素運動を始めて約20分以降から、内臓脂肪や皮下脂肪が脂肪分解酵素リパーゼによって分解されて、血液中に流し、それを利用したエネルギー産生となります。
内臓脂肪の方が先に利用されます。内臓脂肪は健康によくないので、内臓脂肪を利用する有酸素運動は健康に良いといえます。
つまり体脂肪がエネルギー源として利用されるのですが、体脂肪は完全に尽きてしまうということがまずないので、長時間有酸素運動を続ければ続けるほど、体脂肪が消費されます。




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2013 【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編- All Rights Reserved.