【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編-

【有酸素運動とは】 有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動と無酸素運動は、どちらも酸素を利用していますが、無酸素的なエネルギー産生(酸素を利用せず糖質だけを利用)の割合が多いのが無酸素運動です。
それぞれの違いを一言で言うと、運動の強度です。

有酸素運動:
有酸素運動は、少し汗ばむけれども人と会話をしながらできる程度の強度で、30分以上は続けられる程度の運動です。
有酸素運動をしている時の呼吸は、普段よりも弾んでいて、深い呼吸です。
十分に酸素を取り込んで行うので、体内の脂肪や糖質をエネルギー源としています。
乳酸を作らないので、筋肉痛などの疲れは感じず、長時間続けることができます。
単純な動きを10分繰り返しているだけでも、有酸素運動になります。
有酸素運動の例としては、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などがあります。
ジムのエアロバイクやステッパーなどでも有酸素運動ができます。

がんばりすぎると無酸素運動になりますので、有酸素運動をしたい場合はあまりきつくない程度に押さえて続けるようにしましょう。
運動強度は、自分の呼吸が苦しくない程度かどうかでわかります。
心拍計があれば、心拍数を一定に保つようにしましょう。
また、人によって有酸素運動になるスピードや負荷は違いますので、調節して自分に合った強度で運動しましょう。
有酸素運動の効果は、血行促進や、脂肪燃焼、ストレス解消、スタミナ増強などがあり、健康によいものです。

無酸素運動:無酸素運動は、息を止めたり思い切り吐いたりと、呼吸が激しく息苦しくなるような強度の運動です。
運動している時は呼吸が苦しく、あまり酸素を取り込まない反面、運動後はその分の酸素を取り込もうとするので、呼吸が荒くなります。

無酸素運動は、酸素を使わないでエネルギーを産生します。
乳酸がたまるので筋肉痛で動けなくなり、長時間は続けられません。
無酸素運動の例としては、短距離走や筋力トレーニングがあります。
有酸素運動として例に挙げたジョギングなども、きついと感じる程度ですると無酸素運動になります。





▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2013 【有酸素運動の方法と効果】 -室内・自宅編- All Rights Reserved.